政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「高効率な資源循環システムを構築するためのリサイクル技術の研究開発事業」に係る実施体制の決定

低コストで高効率な金属資源リサイクルの技術開発に着手
~都市に眠る廃製品の金属資源活用を目指す~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成29年6月19日,「高効率な資源循環システムを構築するためのリサイクル技術の研究開発事業」に係る公募を実施し,外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て,委託予定先を決定したと報じた.

 本事業は,我が国の都市鉱山を有効に活用するため,資源価値の高い小型家電等の廃製品を対象に,現状リサイクルが行われている元素群(鉄,アルミ,銅,金,銀など)のみならずレアメタル等も含めた多様な金属について,低コストで高効率な再生金属資源の生産(金属のリサイクル)を可能とする革新的な技術を開発するとともに,バリューチェーンを形成する動静脈連携を強化する情報,制度,社会システムの構築を目指すものである.

 これに伴いNEDOは同日,小型家電などの廃製品からレアメタルなどの金属資源を有効に活用するため,低コストで高効率なリサイクルを可能とする革新的な基盤技術を開発するとのニュースリリースを行った.

 廃製品の解体・選別の自動化,製錬の低コスト化,動脈産業と静脈産業の連携強化などを促進することで,従来リサイクルビジネスが成立しにくかった種類の金属を含めて,都市鉱山の資源活用を目指すとしている.