政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,タイでバガスを原料とするバイオエタノール製造技術の有効性を実証 ~技術面と採算面で実現可能な商業生産モデルを構築~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO),月島機械株式会社,およびJFEエンジニアリング株式会社は平成29年6月1日,NEDOのプロジェクトで月島機械(株)とJFEエンジニアリング(株)が,タイ王国サラブリ県に建設したバイオエタノール製造プラントで,サトウキビの搾りかす(バガス)を原料に,オンサイト酵素生産技術を用いてバイオエタノールの製造技術の有効性を実証し,技術面や採算面で実現可能な商業生産モデルを構築したとのニュースリリースを行った.

 今後は,タイ王国をはじめ,東南アジア地域へ普及・拡大を図り,未利用資源を活用したエネルギー生産と温室効果ガスの排出削減への貢献を目指すとしている.