政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」(研究対象の追加)に係る実施体制の決定

計算科学や人工知能を活用したナノカーボン材料の研究開発に着手
~カーボンナノチューブやグラフェンの応用製品開発をスピードアップ~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成29年5月29日,「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」(研究対象の追加)に係る公募を実施し,厳正な審査の結果,委託予定先を決定したと報じた.

 NEDOは,試作などに時間がかかる材料開発の抜本的なスピードアップを図るために,計算科学や人工知能を活用した材料開発手法の構築を進めている.今回は,「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」において,計算科学等を活用しナノカーボン材料(CNT,グラフェン)を対象とする研究の委託先を決定した.

 これに伴いNEDOは同日,ナノカーボン材料について,計算科学等を活用した研究開発に着手したとのニュースリリースを行った.

 製品中の材料の複雑な挙動と機能を推測するマルチスケールシミュレーションなど,革新的な材料開発手法を構築し,CNTを応用した軽量電線,高耐熱・高強度のCNT複合ゴム材料,グラフェン透明導電フィルムなど応用製品の早期実用化を目指すとしている.