政府・公的機関から

研究の公募

経産省,平成29年度「革新的なエネルギー技術の国際共同研究開発事業」に係る委託先の公募

 経済産業省は平成29年5月12日,平成29年度「革新的なエネルギー技術の国際共同研究開発事業」に係る委託先の公募を行うと発表した.

 本事業は,G7各国等との国際共同研究を対象とし,特に次の研究項目を優先的に募集するとしている.
  1. 革新的生産プロセス:高温高圧プロセスの無い,革新的な素材技術
  2. 超軽量・耐熱構造材料:材料の軽量化・耐熱化によるエネルギー効率向上
  3. 次世代蓄電池:リチウム電池の限界を超える革新的電池
  4. 水素等製造・貯蔵・利用:水素の効率的な製造,エネルギーキャリア,新しいコンセプトに基づいた次世代型燃料電池等の開発
  5. 次世代太陽光発電:新材料・新構造の,全く新しい太陽光発電
  6. 次世代地熱発電:現在は利用困難な新しい地熱資源を利用
  7. CO2固定化・有効利用:排ガス等からCO2を分離回収し,化学品や炭化水素燃料の原料へ転換・利用
  8. エネルギーシステム統合技術:ICTによりエネルギーの生産・流通・消費を互いにネットワーク化し,デマンドレスポンスを含めてシステム全体を最適化.AI,ビックデータ,IoT等を活用.
  9. 次世代パワエレ:電力損失の大幅削減と,新たなシステムの創造
  10. 革新的センサー:高耐環境性,超低電力,高寿命でメンテナンスフリー等の次世代型センサー開発
  11. 多目的超電導:モーターや送電等への適用で,電力損失を大幅減
 公募期間:平成29年5月12日(金)~平成29年6月12日(月)17時まで