政府・公的機関から

お知らせ

特許庁が注目分野の特許出願技術動向調査を実施 ~第四次産業革命に対応する研究開発戦略構築へ~

 経済産業省は平成29年5月8日,特許庁が,第四次産業革命との繋がりが深いIoT関連技術である「スマートマニュファクチャリング技術」や,革新的なバイオテクノロジー技術である「ゲノム編集及び遺伝子治療関連技術」等,社会的に注目を集めている分野を中心に選定した15の技術テーマで,特許出願情報の調査を実施したとのニュースリリースを行った.

 特許庁では,市場創出に関する技術分野,国の政策として研究開発を推進すべき技術分野を中心に技術テーマを選定し,特許出願技術動向調査を実施している.平成28年度は,15テーマの調査を実施し,このニュースリリースでは,IoT関連技術として「スマートマニュファクチャリング技術」,「クラウドサービス・クラウドビジネス」及び「施設園芸農業」,また,バイオテクノロジー技術として「ゲノム編集及び遺伝子治療関連技術」及び「人工臓器」について,紹介している.