政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,燃料電池とガスタービンを組み合わせたハイブリッド発電システムの実証を開始 ~トヨタ元町工場でエネルギー効率や運転性,耐久性を検証・評価~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成29年4月26日,トヨタ自動車(株)を助成先として円筒形の固体酸化物形燃料電池(SOFC)とマイクロガスタービン(MGT)を組み合わせた「加圧型複合発電システム」(ハイブリッド発電システム)を同社元町工場(愛知県豊田市)に設置し,実証を開始したとのニュースリリースを行った.

 NEDOは業務用の固体酸化物形燃料電池システムの実証試験を実施し,その導入効果の検証および実用化へ向けた課題抽出を行うことにより,これらシステムの開発および初期導入が加速されることを目的としたプロジェクトを2013年度より実施している.

 今回の実証運転では,上記のハイブリッド発電システムを工場の自家発電設備として使用し,エネルギー効率や運転性,耐久性を検証・評価することにより,SOFCの実用化に向けたシステムの開発および初期導入の加速を目指すとしている.