政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「革新的新構造材料等研究開発」(研究対象の追加)に係る実施体制の決定

輸送機器の抜本的な軽量化を目指し,新たに2テーマを採択
~中性子ビームによる材料評価とマルチマテリアル接着技術~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成29年4月26日,「革新的新構造材料等研究開発」(研究対象の追加)に係る公募を実施し,採択予定先を決定したと報じた.

 また同日,NEDOは,自動車,鉄道車両,航空機等の抜本的な軽量化に向けて,革新的な鋼板,アルミニウム材,チタン材,マグネシウム材,炭素繊維,炭素繊維強化プラスチック(CFRP)等の開発と,これらの材料を適材適所に使うための接合技術の研究開発を進めている「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトで,2つの研究開発テーマを新たに採択し,研究開発のスピードアップと確実な社会実装を目指し,高精度で小型の中性子ビームによる材料評価と,多様な構造用材料を適材適所に組み合わせるマルチマテリアル接着技術のテーマに着手するとのニュースリリースを行った.