政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,石巻で世界最大級のセルロースナノファイバー量産設備が稼働 ~年間生産能力500トン,日本製紙(株)が量産開始へ~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成29年4月25日,NEDOプロジェクトの成果をもとに,日本製紙(株)が,石巻工場(宮城県石巻市)にセルロースナノファイバー(CNF)を年間500トン生産可能な世界最大級の量産設備を完成させ,稼働を開始したとのニュースリリースを行った.

 この設備では,TEMPO触媒酸化法により化学処理した木材パルプから完全ナノ分散した,透明でさまざまな機能付与が可能なCNFを量産できる.今後,機能性シートや機能性添加剤,ナノ複合材など,幅広い工業用途での実用化が見込まれるとしている.