政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,工業炉の高温排気を浄化,再利用する排気熱循環システムを開発 ~排気熱エネルギー回収効率75%を実現~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2017年4月6日,パナソニック(株)を助成先として,従来捨てられていた工業炉の排気熱エネルギーを高温のまま高効率に再利用する排気熱循環システムを開発しとのニュースリリースをパナソニック(株)と共同で行った.

 このシステムは,高温排気中に含まれる不要な微粒子に電界を利用して高効率に分離除去し,浄化した排気を再度炉内に戻して利用するものである.このシステムをリフロー炉に実装し,500時間以上の連続運転で微粒子の集塵率91%,排気熱エネルギー回収効率75%を実現したとのことである.