政府・公的機関から

お知らせ

京都大学に「産総研・京大 エネルギー化学材料 オープンイノベーションラボラトリ」(ChEM-OIL)を設立 ~新材料・新概念に基づく先駆的エネルギー変換・貯蔵技術の創生~

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)は平成29年4月3日,「産総研・京大 エネルギー化学材料 オープンイノベーションラボラトリ」(AIST-Kyoto University Chemical Energy Materials Open Innovation Laboratory; ChEM-OIL)を京都大学(京大)と共同で,平成29年4月1日に,京大 吉田キャンパス内に設立したとのニュースリリースを行った.産総研のオープンイノベーションラボラトリ(OIL)は,産総研の第4期中長期計画(平成27年度~31年度)で掲げている「橋渡し」を推進していくための新たな研究組織の形態で,ChEM-OILがその7件目である.

 京大の先端材料シーズ(多孔性配位高分子(MOF/PCP),電解質,金属ナノ粒子触媒など)を,産総研の機能界面構築や電気化学デバイス化技術と直結させ,従来にないエネルギー変換,エネルギー貯蔵技術の開発を目指すとしている.