政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,燃料電池とガスタービンを組み合わせた複合発電システムの実証開始 ~燃料電池システムの実用化へ前進~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2017年4月3日,日本特殊陶業(株)を助成先として円筒形の固体酸化物形燃料電池(SOFC)とマイクロガスタービンを組み合わせた「加圧型複合発電システム」を愛知県小牧市の同社小牧工場内に設置し,運転を開始したとのニュースリリースを日本特殊陶業(株)と共同で行った.

 今後,本システムの運用効率や運転性,耐久性などの検証を行い,コスト低減や量産に向けたノウハウなどの課題を探るとともに,本システムで発電した電気や発生させた蒸気は,小牧工場内の生産設備や空調に使用する予定という.また円筒形のSOFCについては,日本特殊陶業(株)が2014年6月に三菱日立パワーシステムズ株式会社と締結した円筒セルスタックの量産に向けた業務提携をもとに,本格的な量産のための生産技術を共同で確立することを目指すとしている.