利用方法

 

想定されている研究分野

 想定されるナノテクノロジー・材料分野の重要課題を以下に示しますが,本事業では研究分野の範囲を広く捉えており,関連する課題であれば,「ナノサイズ」という定義にこだわることなく研究支援のための課題提案をしていただけます.奮ってご提案ください.

 
 

共用利用の形態

 支援形態は以下のとおりです.どの形態が適当であるかなど,不明な点がある場合は,あらかじめ実施機関,あるいはセンター機関に電話またはメールで利用相談(無料)をしてください.

技術相談:
技術的な問題解決などについて,各機関の相談スタッフが,さまざまな相談に対応いたします.技術相談のみで問題解決が難しい場合や、ご相談いただいた課題で当該機関の利用がで難しい場合,他の機関をご紹介することもあります.

技術代行:
ユーザーの依頼により各種支援技術を代行するものです.「微細加工」分野で頻度の高い支援形態です.「微細構造解析」の電子顕微鏡の利用などでは,試料作製に技術が必要とされるため,作製を代行する場合もあります.製作物の構造計測,機能評価などを複合的に行える機関もあります.

技術補助:
装置の操作方法などについて,ユーザーが当該機関の支援者の指導・補助を受けながら,機器を使用する技術支援です.ある程度習熟したユーザーで,仮免許運転的に,一定程度自由に装置を使用することができます.

機器利用:
操作技術を有するユーザーが定められたマシンタイム内に自らが機器を操作し,実験を行うものです.参画機関は研究の内容にタッチしない,独立性の高い形態です.機関によっては,ユーザーへの技術指導などのプログラムを別途実施し,あらかじめ操作技術を習得することを求める場合があります.

共同研究:
登録されたユーザーと参画機関が,共同で研究を行い,共同で成果を発信します.課題提案内容を双方が合意し,準備の段階から,実験・結果の解析を経て,論文・プレス発表,特許の取得まで,ワンストップで研究を行います.得られた知財に関しては,ユーザー側への完全譲渡も含めて,その都度協議します.課題は科学的,技術的,実用的価値から判断して,民間では行えない研究を中心に採択されます.
 
 

応募と利用

 一般的な申し込みから実施へのプロセスは,利用相談,お申し込み,課題審査,マシンタイムの割り当て,実施,支援成果報告書提出となります.課題の受付は機関によって随時,年に数回などの違いがあります.また,課題審査の方法や基準も各機関で個別に定められており,詳しくは,お電話またはメールにてお問い合わせください.

 
 

成果の取り扱い

 「ナノテクノロジープラットフォーム」は文部科学省が国の事業として支援を行うものであるため,研究成果は公開が原則です.ただし,特許出願や論文投稿などのため,成果の公開を2年程度延期することが可能です.また,知的財産権については各実施機関との取り決めにより取扱いを決めることができます.
  成果の非公開を希望するユーザーは,本事業とは別に,各機関が独自に行う設備共用の申し込みをすることができます.この場合の利用体系(課題採択、料金等)はそれぞれの機関にお問い合わせください.

 
 

料金徴収について

 本事業では,利用頻度等に合わせて必要経費の一部を負担いただく意味で,利用料の徴収をさせて頂きます.機関毎に料金の設定がありますので,申し込み機関に事前にお問合せください.
 また,成果占有を目的としたお申し込みの際も,各機関で料金形態が違いますので,併せてご確認ください.