東北大学 ナノテク融合技術支援センターによる分子・物質合成支援  (東北大学)

本拠点では,主に生体関連化合物や機能性材料など様々な有機化合物の合成や構造解析を行い,ライフサイエンスや材料分野において不可欠なナノテクノロジーの発展に貢献します.また,東北大学の「微細構造解析」「微細加工」領域と連携し,先端技術の開発につながる融合研究を幅広く支援します.

Contact to this institute

【電話,E-mailでのお問合せ】
022-217-6037
  cintsoffice(at)rpip.tohoku.ac.jp
(at)を@に書き換えてください.

事業の紹介

ものづくりは,新しいナノテクノロジーの開発のためになくてはならない技術です.東北大学のナノテク融合技術支援センターでは,最新の分子変換技術を駆使した有機化合物の合成やナノ金属材料の開発を行い,ものづくりを主体とする研究支援活動を行います.また,有機半導体関連の研究支援も可能で,デバイスの作製や機能性評価を行うことができます.また,核磁気共鳴装置やICP発光分光分析装置など各種構造解析装置を用いることにより,様々な化合物の物性評価支援を行います.特に本学が保有する超高磁場核磁気共鳴装置は,世界最高速クラスの80kHzでマジック角回転が可能な試料管外径1ミリの固体 NMRシステムで,極微量の固体(0.8µL)および溶液(0.07mL)サンプルの超高感度測定が可能であり,化合物の詳細な物性評価を行うことができます.更に,東北大学では,「分子・物質合成」の他に,「微細構造解析」「微細加工」の二つのプラットフォームも運営しており,複数のプラットフォームに同時に申請していただくことが可能です.これら三つの領域が連携した融合支援により,ナノテクノロジーの最先端技術の開発研究を支援します.
分子合成装置群高出力全自動水平型多目的X線回折装置
  
核磁気共鳴装置
(JEOL JMN-ECA800)
ICP発光分光分析装置
(島津 ICPE-9000)

ニュース

本事業の共用設備

成果事例

最新の成果事例

2016/10/31pdfコラーゲン由来Gly-X-Yペプチド群の分析
(ゼライス株式会社)
2015/11/06pdf高磁場固体NMR測定による カルシウムアルミノケイ酸塩ガラス中Alイオンの局所構造解析
(東北大学多元物質科学研究所,新日鐵住金(株),九州大学大学院材料工学部門)
2013/10/17pdfリチウムカチオン内包フラーレンの分析と応用
(イデア・インターナショナル株式会社)
2016/07/22pdf(R)-,(S)-Erypoegin Kの合成
(名城大学薬学部)
2015/08/05pdfコラーゲンを原料とした環状ジペプチドの合成
(ゼライス株式会社,東北大学大学院理学研究科巨大分子解析研究センター,東北大学原子分子材料科学高等研究機構)
2014/10/29pdfリチウムイオン内包フラーレン修飾体の13C NMR測定
(東京大学大学院理学系研究科)
2013/07/02pdf原子内包フラーレンの分析と応用
(イデア・インターナショナル株式会社,東北大学大学院理学研究科附属巨大分子解析研究センター)
2012/09/20pdf新規典型元素化合物の精密合成と物性解明
(東北大学)

その他の成果事例

お問い合わせ

国立大学法人 東北大学 産学連携推進本部内
ナノテク融合技術支援センター 分子・物質合成分野
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
022-217-6037,FAX 022-217-6047
  cintsoffice(at)rpip.tohoku.ac.jp
(at)を@に書き換えてください.