新奇ナノカーボンの創成を目指した合成,分析評価支援  (信州大学)

信州大学カーボン科学研究所には,ナノカーボンを合成し,各種デバイスに応用する研究者やナノカーボン分析用に調整された研究設備が集積され,民間企業等との連携も進めている.本事業では,ナノカーボン等の材料の合成から分析評価支援を行う.
Contact to this institute
【E-mailでのお問合せ】
icst(at)shinshu-u.ac.jp
(at)を@に書き換えてください.

事業の紹介

信州大学カーボン科学研究所では,新奇ナノカーボン材料などの創成を目指し,その合成と分析評価を支援する.これには,カーボンナノチューブ,グラフェン等の合成及びそれらに異種原子を添加したエキゾチックナノカーボン,カーボンナノチューブを他の材料と複合化したナノコンポジットなどが含まれる.施設には,ナノカーボン研究に特化した最先端の研究設備が揃っており,ナノカーボン全般の材料製造装置,3種の透過電子顕微鏡を含む分析装置等,新ナノカーボン材料を開発するのに不可欠な装置が準備され,これらを共用できる.カーボン科学研究所教員および地域卓越研究者結集事業により集まった卓越研究者及び研究員が研究を支援する.また,これまで先端研究施設共用促進事業等により培った企業支援の実績も活かし,産業界への支援を行いたい.さらに,信州大学におけるナノカーボンの研究を内外の研究者,産業界と連携して発展させ,ナノ材料による産業振興に広く貢献することを目指す.
ダブルCS透過型走査電子顕微鏡環境制御型透過電子顕微鏡構成図
  
X線光電子分光装置物理特性測定装置

ニュース

本事業の共用設備

成果事例

最新の成果事例

その他の成果事例

お問い合わせ

信州大学 カーボン科学研究所
〒380-8553 長野県長野市若里4-17-1
 icst(at)shinshu-u.ac.jp
(at)を@に書き換えてください.