高性能電子顕微鏡による反応科学・ナノ材料科学研究支援拠点  (名古屋大学)

名古屋大学の超高圧電子顕微鏡施設で行う本事業では,反応科学超高圧電子顕微鏡による支援を中心に高性能電子顕微鏡群(クラスター)を配置して実施します. これにより極微小元素分析,3次元立体観察,ガス中その場観察,極低温観察も可能となり,支援項目の多様化による利用拡大が可能となります.この事業の実施には名古屋大学の電子顕微鏡グループが総合的に支援します.
Contact to this institute
【電話,E-mailでのお問合せ】
 052-789-3632
  nanoplat(at)nagoya-microscopy.jp
(at)を@に書き換えてください.

事業の紹介

利用形態としては,「技術相談」,「技術補助」,「技術代行」,「共同研究」があり,有償利用と無償のトライアルユース(1. 初回の1試料,2. 外国機関は有償のみ)にて研究支援を行います.
主な装置として反応科学超高圧走査透過電子顕微鏡の特徴を紹介します.
10-6Paの高真空から,1.3X104Paまでのガス環境下でのその場観察ができます.また,ガス環境下での電子エネルギー損失分光(EELS)も可能です.ガスは2系統で導入でき,N2,O2,H2,CO+Airガスを常備しています.3次元CTは,ガス反応室を用いない場合,1軸傾斜で±70°の傾斜が可能です.また,360°回転ホルダーの利用も可能であり,高加速電圧の特色を生かして,厚い試料の立体観察に有効です.これは,生物・非生物試料共通です.そのほか,液体Heホルダー,2軸傾斜加熱ホルダー,ワイヤータイプ超高温加熱ホルダー,ナノインデンテイションホルダー等の利用も可能です.収差補正電子顕微鏡では,0.1nmの高分解能観察が,冷電界放出透過電子顕微鏡では,電子線ホログラフィーによる微小電磁場観察が,そして,電子分光走査透過電子顕微鏡では,WDXとEELS,CLにより100Kから1000Kまでの温度域で分析が可能です.




6H SiCの[11-20]方位から観察した構造象
シリコンと炭素原子が0.11nm の間隔で分離している
窒素ガス雰囲気下での金の格子像
a)真空時,b)ガス圧1,000Pa,c)5,800Pa,d)11,000Pa   
  
ラット腎臓由来の培養細胞の染色体 立体構築像シリコン半導体電極接合部のSTEM-EELSマッピング像
STEM EELS mapping 多変量解析によりスペクトルから各成分のピークを分離し,成分ごとにマッピング

ニュース

2017/10/23セミナー「人に役立つ分子の世界 ~加工・成形技術開発と観察・分析への企業支援事例~」(10月30日)開催のお知らせ
2017/10/06名古屋大学 微細構造解析プラットフォーム 技術相談会(10月19日)開催のお知らせ
2017/07/19微細構造解析プラットフォーム・構造解析連携協議会合同セミナー ~材料評価顕微鏡技術の最前線~(8月29日)開催のお知らせ
2017/07/14名古屋大学 微細構造解析プラットフォーム 技術相談会(9月2日)開催のお知らせ
2017/07/14「平成29年度 電子顕微鏡講習会(非生物系)」(8月31日)開催のお知らせ
2017/04/27日本顕微鏡学会第73回学術講演会 シンポジウムS-2「最先端計測共用を通じた産業と学問の融合」(5月30日)開催のお知らせ
2017/03/23名古屋大学 微細構造解析プラットフォーム 技術相談会(4月20~21日)開催のお知らせ
2017/01/27名古屋大学微細構造解析PF・超高圧電子顕微鏡施設「第1回ユーザーズミーティング」(3月7日)開催のお知らせ
2017/01/17共用・計測合同シンポジウム 2017 先端計測研究と共用推進による材料イノベーション(3月9日)開催のお知らせ
2016/07/07名古屋大学 微細構造解析プラットフォーム「第3回 技術相談会」(8月26~27日)開催のお知らせ

本事業の共用設備

成果事例

お問い合わせ

国立大学法人 名古屋大学 エコトピア科学研究所 超高圧電子顕微鏡施設
〒464-8603 愛知県名古屋市千種区不老町
052-789-3632,FAX 052-789-3174
  nanoplat(at)nagoya-microscopy.jp
(at)を@に書き換えてください.