ナノマテリアル開発のための超顕微解析共用拠点  (九州大学)

超顕微解析研究センターに設置されている各種先端的電子顕微鏡と関連周辺機器を利用して,多様な物質・材料のナノ構造解析・状態解析に関する研究の計画と実施を,積極的かつ創造的に支援します.第一線で活躍している学内研究者が相談に応じます.
Contact to this institute

【電話,E-mailでのお問合せ】
 092-802-3489
  nano_hvem(at)hvem.kyushu-u.ac.jp
(at)を@に書き換えてください.

事業の紹介

九州大学超顕微解析研究センターには,世界で唯一のオメガ型電子エネルギーフィルターを搭載した超高圧電子顕微鏡,高感度な分析機能を有する収差補正高分解能走査・透過電子顕微鏡,高いエネルギー分解能を有するマイクロカロリメーターエネルギー分散型X線検出器を搭載した走査電子顕微鏡等,特徴ある各種電子顕微鏡装置と精密試料作製装置などの関連周辺機器が設置されており,これらを有機的に活用して様々な物質・材料のナノ構造と状態解析研究について,研究計画の立案から実験からデータ解析までの一貫した研究支援を行います.さらに,ナノマテリアル微細構造解析に関する最新の情報提供や,電子顕微鏡解析,試料作製に関する講習と技術指導も年間を通して定期的に行っています.

九州大学超顕微解析研究センター全景収差補正走査/透過電子顕微鏡
(JEM-ARM200F)
  
マイクロカロリーメータ分析SEM原子カラムEDSマッピング:〔110〕GaAs
(JEM-ARM200F)

ニュース

2017/07/19微細構造解析プラットフォーム・構造解析連絡協議会合同セミナー ~材料評価顕微鏡技術の最前線~(8月29日)開催のお知らせ
2017/04/27日本顕微鏡学会第73回学術講演会 シンポジウムS-2「最先端計測共用を通じた産業と学問の融合」(5月30日)開催のお知らせ
2017/02/06ナノテク産業化基盤技術の有効利用および高度化と融合を目指した研究会2017(3月10日)開催のお知らせ
2017/01/17共用・計測合同シンポジウム 2017 先端計測研究と共用推進による材料イノベーション(3月9日)開催のお知らせ
2016/06/22微細構造解析プラットフォーム 2016年度第1回ワークショップ「触媒・粒子の最先端解析」(8月5日)開催のお知らせ
2016/05/18分子・物質合成PF,微細構造解析PF 合同セミナー「カラダを見る~全身まるごと観察~」(7月1日)開催のお知らせ
2016/02/25ナノテク産業化基盤技術の有効利用および高度化と融合を目指した研究会2016(3月11日)開催のお知らせ
2015/12/22共用・計測合同シンポジウム 2016「先端計測の開発と共用のシナジーによるイノベーション」(3月4日)開催のお知らせ
2015/01/22ナノテク産業化基盤技術の有効利用および高度化と融合を目指した研究会2015(3月13日)開催のお知らせ
2014/10/17超顕微解析研究センター 「第201回・202回 電子顕微鏡技術研修会」 開催(11月10日,11月11日~11月14日)のお知らせ

本事業の共用設備

成果事例

最新の成果事例

2016/10/31pdf固溶型ナノ合金及びその担持触媒の状態分析評価
(京都大学大学院理学研究科,大分大学工学部,JST-CREST)
2015/11/06pdf電子顕微鏡によるホウ素ドープダイヤモンドの構造解析
(慶應義塾大学,JST-CREST)
2014/10/29pdfアルミニウム合金のサブグレイン内における溶質原子(FeおよびSi)の濃度分布解析
(株式会社UACJ,株式会社UACJ押出加工名古屋)
2013/10/17pdf亜共晶改良Al-Si合金における添加Sr元素の挙動
(ベルリン・ヘルムホルツ・材料・エネルギー研究センター,九州大学工学研究院)
2013/07/17pdf超伝導材料のナノ組織制御と高性能化
(物質・材料研究機構,東京大学,核融合科学研究所)
2013/07/17pdf単原子スペクトロスコピー
(産業技術総合研究所,九州大学)
2013/07/17pdf亜共晶改良Al-Si合金における添加Sr元素の位置と分布
(Helmholtz-Zentrum Berlin für Materialien und Energie)

その他の成果事例

お問い合わせ

九州大学 超顕微解析研究センター
〒819-0395 福岡県福岡市西区元岡744番地
 092-802-3489
  nano_hvem(at)hvem.kyushu-u.ac.jp
(at)を@に書き換えてください.