試行的利用 課題募集

試行的利用 採択結果等

産学官連携の推進

 

産学官連携推進マネージャーの役割

  • 産学官連携推進マネージャーの主な役割は,地域・地場産業に関連した新たなユーザー開拓です.全国47都道府県の産学官連携に関するJSTの研究リソースを最大限に共有・活用して,新たなユーザーの獲得を行います.
  • 潜在的な利用者調査(大学の研究室や地域企業訪問による若手利用者並びに地域の中小企業の利用者発掘等)に加え,JSTの新技術説明会を活用し,ナノテクノロジープラットフォーム事業の支援内容や利用成果の紹介を行います.
  • 各実施機関とユーザー(利用見込み,または技術相談だけのポテンシャルユーザも含む)との間での技術シーズ・ニーズのマッチングを行い,将来の新たな技術シーズ,あるいは産業化が見込まれる等の有望な課題を発掘します.
  • イノベーション創出のための新しい芽の発掘や,将来を担う若手研究者育成のために試行的利用課題を募集し,プラットフォーム(実施機関)との橋渡しをします.採択課題は技術指導・支援のみならず,使用にあたっての諸費用の支援も受けつつ,全国25の大学・研究機関が保有する最先端ナノテク設備を利用できます.
 
 

全国に展開する産学官連携推進マネージャー

 本事業では,産学官による先端共用設備の利用促進を図るため,全国の5地域(北海道,東北・関東甲信越,東海・北陸,関西・四国,中国・九州)に産学官連携推進マネージャーを配置します.



  (at)を@に書き換えてください.

 【北海道担当】
 東 陽介 (コラボほっかいどう内)
   yousuke.higashi(at)jst.go.jp
 【東北・関東甲信越担当】
 菊地 博道 (JST東京本部別館)
   hkikuchi(at)jst.go.jp
 【東海・北陸担当】
 松山 豊 (あいち産業科学技術総合センター JSTスーパークラスタープログラム愛知事務所内)
   yutaka.matsuyama(at)pb.jst.jp
 【関西・四国担当】
 吉川 昭男 (ニッセイ新大阪ビル内)
   akio.yoshikawa(at)jst.go.jp
 【中国・九州担当】
 西ヶ野(さいがの) 政宏 (九州大学産学官連携イノベーションプラザ内)
   masahiro.saigano(at)jst.go.jp

 
 

産学官連携推進マネージャーの業務

研究設備の試行的利用課題の募集

 全国の先端的ナノテクノロジー研究設備の外部共用を進める「ナノテクノロジープラットフォーム」では,その利用機会拡大のため,対象設備の試行的利用事業を行っております.活用できるアイデア(課題)をお持ちの研究者・技術者の応募を歓迎します.採択された応募者は装置利用のための技術支援・指導を受けることができますし,また使用にあたって必要となる諸費用を負担することなく,最先端のナノテクノロジー設備を利用できます.特に新規ユーザーについては,連携推進マネージャーがご相談に応じますので,お気軽にお問い合わせください.



平成28年度応募受付